ホーム » ペット関連 » 人とペットの快適ライフ

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    人とペットの快適ライフ

    野生では覇気のない動物はいの一番に敵のターげっと~となるため、病み煩いやケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な場に隠れて平癒を待ちます。この習性はネコももっており、調子が悪くなると縁の下や物置などに身を押しかくすのでしょう。

    ニャンニャンは種々の顔の表情や身振り、ボディーランゲージを使って、僕達に話し掛けています。

    ニャンコとの通信を楽しむために、ネコ語をきちんと分かってあげましょう。
    愛(時には偽善だったり、押し付けだったり、自己都合だったりすることもあるでしょう)犬が病気にかかってしまっ立ときは、その症状の改善策や進行ぐあいを延ばすためにも、動物病院で販売されている特別療法食をあげることが必要となります。これは任ではないのですが、ワンちゃんにより長生きしてほしいと思うならば、特別療法食を与えることが現在の状態では妥当な選択です。

    ワンコたちには住家を選んだり、好きな食べものを選んだり、トライしてみたいことを好きなときにするなどの自由がいっさいありません。

    飼主に出来ることといえば、言葉に出せないわんわんの身になって人生を為し遂げさせてあげることが大切です。いぬは人につき、にゃんにゃんは家屋につくといわれていますが、これはねんねこが自分の領分を何をさておいても大切にし、環境の変化を嫌うことを示した言葉です。

    にゃんにゃんのこの性質は、野生時代から磨かれた定めです。

    様態が悪いわけでも、環境に変化があったわけでもないのに大好物を急に食べなくなるケース持ときどきありえます。猫は食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では毎回同じ獲物に出っ交すとは限らないので、往々ちがう食べ物を好むこともあります。にゃんこ同士にも相性があります。

    野生のねんねこの場合は縄張りが広範囲なので、好みではない相手がいれば触れることを避けられますが、限られた空間で生きている室内飼いにゃんにゃんの場合はそうもいきません。

    ニンゲンと同じように、いぬにも栄養のバランスはきわめて大事なことで、ドッグフードの品質においては価格だけで決まるわけではなく、高いから品柄が良い、格安だから危ない、という訳ではないのです。飼主であるあなたはそのドッグフードの中に、どんなものがどれ位入っているかを認知しておかなくてはいけません。

    野生のワンコは、群で生活し、戮力して獲物を掴まえ、固り内の社会的順位に則して獲物を分けて食べていました。獲物を毎日捕まえられるとは限らないので、いっぺんにあまたの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。忙しいときに限ってというのはペットオーナー見解で、にゃんにゃんにはそんなつもりはぜんぜんありません。

    落ち着かない様子で跳び回る飼い主の足に猟する本能がかきたてられて、つい引っ付きまわったり、組みついたりしてしまっただけのことです。

    ねんねこはがんらい自分の気持ちで触られるのをねがうので、執拗になでられるのを嫌がります。

    また、触れられるのが好きなねんねこでも、ダラダラとされるとコミュニケーションを好まなくなってしまうので、なで方のポイントをチェックしておきましょう。
    わんわんのおもちゃの大方は、飼主がいないときに与えてしまうと危ないものです。とりわけ布で出来ているおもちゃは、軽軽破れてしまい、わんこだけの環境のなかで与えてしまうと、食べるつもりがなくても気が付いたら飲み込んでしまうことがあります。

    群れで毎日を送るイヌにとってペットオーナーはボスですが、本来単独で毎日を過ごすねんねこにはそのような認知はありません。

    ネコにとって飼い主とは、ひと言でいえば、さまざまなことをしてくれる気安い同居人という気持でしょうか。

    猫にごはんをあげても食べずに、砂をかけるような素ぶりをして散らかします。ゴハンが気に食わないの?と心掛かりになってしまいますが、これはニャンコの本能による行動で、この習性は排泄物だけでなく、よく似ているニオイに対しても現れるのです。

    夕暮れや夜中になると部屋中を凄まじいスピードで飛びまわったり家具の上に走り乗ったりするネコはすくなくありません。

    ストレスや運動不足からくる狂逸な行動ではと不安に思う事が多い方もいると思いますが、これは多くのニャンコに見られるごく自然な行動です。

    ゴールデンレトリバーが健康でいられる餌はこちら


    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。