ホーム » ペット関連 » ペットは安心できている?

ペットは安心できている?

固まりで毎日を送る犬にとってペットオーナーはリーダですが、本来単独で活動するニャンニャンにはそのような認識はありません。にゃんにゃんにとって飼主とは、ひと言でいえば、様々なことをしてくれる心安い同居人という感触でしょうか。にゃんこは幅広い面様や身振り、ボディーランゲージを利用して、吾輩に呼びかけています。にゃんにゃんとの連携を楽しむために、にゃん語をきちんと分かってあげましょう。

夕刻や深更になると部屋中を凄いスピードで走り回ったり、家具の上に駆け乗ったりするねこはすくなくありません。

緊迫状態や運動不足から起こる変な行動ではと懸念する方もいると思いますが、これは多くのねんねこに見られるごく自然な振る舞いです。野生では覇気のない動物はまず先に敵の狙となるため、病やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な処に隠れて治りを待ちます。

この特性はニャンニャンももっており、塩梅が悪くなると縁の下や物置などに身を隠すのでしょう。いぬたちには家を選んだり、好みの食べものを選んだり、試したいことを好きな時にするなどの自由が一切ありません。
飼主に出来ることは、言葉が話せないわんこの身になって人生を為し遂げさせてあげることが大切です。にゃんこは本質的に自分のフィーリングで触られるのをもとめるので、うんざりなほどなでられるのを嫌がります。また、触れられるのが好き好む猫でも、だらだらとされるとコミュニケーションを好まなくなってしまうので、なで方のポイントを解っておきましょう。

野生のワンコは、一群で生活し、協力して獲物を引っ捕え、一叢内の社会的順位に従って獲物を分配して食べていました。獲物を毎日捕まえられるとは限らないので、一度にたくさんのご飯をとる、いわゆる食い溜めをしていました。猫にごはんをあげても食べずに、砂をかけるような動きをして引散らかしてしまう。

ゴハンが気に食わないの?と悩んでしまいますが、これはにゃんこの本能による行動で、この特性は排泄物だけでなく、類似しているニオイに対しても現れるのです。
人間と同じで、イヌにも栄養のバランスはたいへん大切な問題で、ドッグフードの品質においては値段だけで判断できるわけではなく、高いから品柄が良い、格安だから悪い、というわけではありません。飼主さんはそのドッグフードの中に、どんなものがどのくらい入っているかを見ておかなくてはいけません。
体調が悪いわけでも、環境が変化したわけでもないのに大好物を予兆もなしに食べなくなるケースも時としてやってきます。キャットは食べ物に拘りが強いものですが、自然界では毎々同じ獲物に出っ交すとは限らないので、時々ちがう食べ物を願うこともあります。

わんこのお持ちゃのほとんどは、飼い主がいないときにあげてしまうと危ういものです。特に布製のお持ちゃは、理由無く破損してしまい、わんこだけの環境の中であげてしまうと、食べる気がなくても遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。

いぬが病気と診断されたときは、その症状の改善法や進行を後らせるためにも、動物病院で販売されている特別療法食を与えつづけることが必要となります。

これはオブリゲイションではありませんが、わんわんにより長く生きて欲しいと思っているなら、特別療法食を与えることが現在の段階では最も良い選択です。ねんねこ同士にも相性があります。
野生のネコの場合はテリトリーが弘大なので、受け入れられない相手がいれば交わりをすり抜けられますが、限られた空間で遣っている室内飼いにゃんこの場合はそんな上手くいきません。わんちゃんは人につき、にゃんこはお家につくと言われているのですが、これはねんねこが自分のテリトリーを何をおいても大切にし、環境の遷移を好まないことを述べた言葉です。
猫のこの気質は、野生時代から育まれた規程です。

いそがしいときに限ってというのはひと意見で、にゃんにゃんにはそんなつもりは全然ありません。

ソワソワと走り回る飼い主の足に遊猟本能が刺激されて、ついまつわりついたり、食らいついたりしてしまっただけのことです。

メインクーンの餌はもう悩まない