ホーム » ペット関連 » 猫との暮らし、意外な現実

猫との暮らし、意外な現実

ねこにご飯をあたえても食べずに、砂をかけるような動きをして引っ散らかす。ご飯が気に食わないの?と気がかりになってしまいますが、これはニャンコの本能による行動で、この特長は排泄物だけでなく、よく似ているニオイに対しても現れるのです。野生のワンコは、固りで生活し、協力して獲物を捉まえ、集団内の社会的順位に添って獲物を割り当てて食べていました。獲物を毎日捕獲できるとは限らないので、いっしょに沢山の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。野生では弱った動物はいち早く敵のえじきとなるため、病気やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全なポイントに隠れて回復を待ちます。
この特殊性はネコももっており、塩梅が悪くなると縁の下や物置などに身を押しかくすのでしょう。

ニャンニャン同士にも相性があります。野生のねこの場合は縄張りが弘大なので、好まない相手がいれば交わりをすり抜けられますが、限られた空間でやっている室内飼いニャンコの場合はそうもいかないのです。

いぬが病気にかかったときは、その症状の改善方法や進行を引き延ばしていくためにも、動物病院で販売されている特別療法食を与えることが必須となります。
これは任ではありませんが、わんこにわずかでも長生きして欲しいと考えるなら、特別療法食を与えることが差し当たりミスない選択です。体調が悪い理由でも、外囲が変わった理由でもないのに大好物を急に食べなくなるケースも間々起こりえます。ニャンニャンは食べ物に拘りが強いものですが、自然界では年中同じ獲物に出あうとは限らないので、時どきちがう食べ物をもとめる事もあります。
ヒトと同じで、わんちゃんにも栄養のバランスはほんとに重要なことで、ドッグフードの品質は値段だけで決まる理由ではなく、高いからクオリティーが良い、安いから怪しい、という理由ではありません。飼主さんはそのドッグフードの中に、どんなものがどのくらい入っているかをわかっておかなくてはいけません。

固りで活動するワンコにとって飼主はボスですが、本来単独で活動するニャンニャンにはそういう認知はありません。にゃんこにとって飼主とは、ひと言でいえば、各種のことをしてくれる気軽な?同居人という思いでしょうか。
ニャンコは幅広い面持ちや物腰、ボディーランゲージを駆使して、私たちに語りかけています。

ニャンニャンとの連携を楽しむために、ネコ語をきちんと解ってあげましょう。
にゃんこは本質的に自分の心情で触られるのをもとめるので、ダラダラとなでられるのを嫌がります。

また、触られるのを欲するねんねこでも、くどくされるとコミュニケーションを好まなくなってしまうので、なで方のポイントを勉強しておきましょう。多忙なときに限ってというのは飼主所感で、ニャンコにはそんなつもりは根っからありません。落ち着かない様子で走り回る飼主の足に狩猟本能が揺さぶられて、ついべたべたしたり、食いついたりしてしまっただけのことです。夕ぐれや真夜中になると部屋中を猛烈なスピードで駆けまわったり家具の上に飛び乗ったりするねんねこはすくなくありません。

ストレスや運動(適度にしないと、肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)になってしまったり、体力が衰えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)不足からおこる異常な行為ではと気にかける方もいると思いますが、これは多くのニャンニャンに見られるごく自然な動きです。

わんこたちには家を選んだり、食べたい物を選んだり、してみたいことを好きな時間を過ごすなどの自由が一切ありません。

飼主に出来ることといえば、言葉に出せないイヌの身になって生涯を全う指せてあげることが大事です。

イヌのお持ちゃのほとんどは、飼い主が留守の時に与えてしまうと危険なものです。

とくに布製のお持ちゃは、すんなりぶっ壊れてしまい、イヌだけの環境の中であげてしまうと、食べるつもりがなくても不意に飲み込んでしまうことがあります。

わんちゃんは人につき、ネコは住家につくと言い渡されているのですが、これはねんねこが自分の支配圏を一番大事にし、環境の変移を嫌いなことを示した言葉です。にゃんこのこの稟質は、野生時代から磨かれた規程です。

ロイヤルカナンはマンチカンにいいの?