ホーム » ペット関連 » しつけの極意とは

しつけの極意とは

野生では萎れた動物はまず先に敵のえじきとなるため、病気やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な箇所に隠れて快復を待ちます。この特色はにゃんこももっており、健康状態が悪くなると縁の下や物置などに身を隠すのでしょう。
わんちゃんのおもちゃの多くは、飼い主さんがいないときに与えてしまうと非常に危ないです。とくに布製のおもちゃは、苦も無くぶっ壊れてしまい、ワンコだけの環境のなかで与えてしまうと、食べるつもりがなくてもなぜか遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。

ワンコたちには住居を選んだり、好きな食べ物を選んだり、やりたいことを好きな時間にするなどの自由(アメリカというイメージがありますが、実際のところはそうでもないでしょう)がまったくありません。

飼主に出来ることは、ことばがしゃべれないワンコの身になって人生をやり遂げ指せてあげることが大切でしょう。

猫にフードをあたえても食べずに、砂をかけるような動作をしてばらまく。

食事が好きじゃないの?と不安になってしまいますが、これは猫の本能による行動で、この特長は排泄物だけでなく、よく似たニオイに対しても現れるのです。

猫は由来自分のフィーリングで触られるのをもとめるので、いやと言うほどなでられるのを嫌がります。また、触れられるのが好き好むネコでも、だらだらとされるとコミュニケーション嫌いになってしまうことがあるので、なで方のポイントを勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)しておきましょう。イヌが病気と知らされ立ときは、その状態の改善や進行を延ばすためにも、動物病院で販売されている特別療法食を与えることが必要となります。これはオブリゲーションではありませんが、いぬに少しでも長生きして欲しいと思っているなら、特別療法食を与えることが現在の状態ではミスない選択です。忙しいときに限ってというのは飼い主所論で、ニャンニャンにはそんなつもりは全然ありません。
せこせこととびまわる飼い主の足に遊猟本能が揺り動かされて、ついまとわりついたり、食らいついたりしてしまっただけのことです。ニャンコは種々の形相や態度、ボディーランゲージを生かして、私たちに語懸けています。猫との連繋を楽しむために、ねんねこ語きちんと汲みとりましょう。

にんげんと同じように、わんこにも栄養のバランスは大変重要なことで、ドッグフードのクォリティーは値段だけで決定するワケではなく、高いから品等が良い、低価格だから悪い、というワケではありません。

飼主さんはそのフードの中に、どんなものがどの程度入っているかを分かっておかなくてはいけません。日の暮れや夜夜中になると部屋中を凄いスピードで走り回ったり、家具の上に跳ねあがったりするにゃんこはすくなくありません。
緊迫状態や運動不足から起こる突飛な行動ではと気にかける方もいると思いますが、これは多くの猫に見られるごく自然な行為です。わんこは人につき、ねこは家につくと知らせられていますが、これはネコが自分の領分を何をさておいても大切にし、環境のうつり変わりを気に入らないことを述べた言葉です。

にゃんにゃんのこの資性は、野生時代から育まれた規制です。

体調が悪いワケでも、事情が変わったワケでもないのに大好物を予兆もなしに食べなくなるケースも時どきやってきます。キャットは食べ物に拘りが強いものですが、自然界では常に同じ獲物に出合うとは限らないので、ときどき違う食べ物を欲しがることもあります。
ニャンコ同士にも相性があります。野生のねこの場合はテリトリーが広範囲なので、好みじゃない相手がいれば接触を避けられますが、限られた空間で暮らす室内飼い猫の場合はそうそううまい具合にはいきません。
野生のワンワンは、群で生活し、協力して獲物を取っ捕まえ、固り内の社会的順位につき従って獲物を振り分けて食べていました。
獲物を毎日捕らえられるとは限らないので、一気に数多くの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。
群れで生きるワンワンにとって飼主はリーダですが、本来単独で毎日を送る猫にはそういう認知はありません。
猫にとってか飼い主とは、ひと言でいえば惜しみなく、色々なことをしてくれる楽な?同居人という気分でしょうか。

チワワ モグワン